腰痛の改善方法は様々|まずは医者に診てもらおう

doctor

前立腺肥大症と腎盂腎炎

hospital

腰にくるであろうことには腰痛があります。その腰痛で急性腰痛のぎっくり腰です。この急性腰痛は腰の軟骨と筋肉とが大きく関わっています。これは加療が必要でない場合と必要とする場合があります。

Read More...

脳の影響と心療内科

man

脳が影響します

腰痛は、人間が発達の過程から背負っている、宿命的なものであると言われています。すなわち、人間は身体の構造的な問題から、腰痛を起こし易くなっているのです。そのため腰痛は、高齢者ばかりではなく、若年者においても発症することが多いという特徴があります。しかし、腰痛はこうした構造的なものだけではなくて、脳も影響します。例えば、腰痛が発生すると、歩行困難になるほどの、強い痛みを伴うことがしばしばあるのです。そうした強い痛みを起こした経験を、人間の脳は記憶することがあります。痛みの記憶は、一般的にすぐに忘れてしまうのですが、強い痛みは忘れないことがあるのです。そのため、腰部の炎症が軽減しても、脳は痛みが残っていると判断してしまいます。このように腰痛は、脳が影響することがあるのです。

仕組みを理解しています

腰痛に対する治療は、整形外科や神経内科が担当することが、一般的にはよく行われています。例えば、腰椎椎間板ヘルニアの症状は、腰部だけではなくて、下肢の麻痺症状を起こすことがあります。そうした下肢の麻痺症状を伴う腰椎椎間板ヘルニアでは、整形外科で手術をすることが多いのです。また神経内科では、痛みを軽減させるために、消炎鎮痛剤を処方されることが多くなります。これに対して、脳が腰痛に影響を与えている場合には、そうした治療だけでは不十分です。すなわち、脳に対してアプローチをすることが、腰痛の治療に繋がります。そうしたときに有効なのが、心療内科を利用することです。心療内科は、脳の仕組みをよく理解しているので、こうした腰痛の治療を行うことがあるのです。

ひどい状態になる前に

nurse

ヘルニアにならないためには、体に負担をかけない生活をすることが重要になります。姿勢に気を付けるなど日頃からできることがあります。体を鍛えることもヘルニアを予防するためには役立ちますが、無理のない範囲で続けていくことを忘れてはいけません。

Read More...

早急な処置が重要となる

flower

ヘルニアは首や腰などの痛みから始まることが多くなっています。すぐに適切な治療を受けることが大事です。程度が軽いうちであれば、投薬治療やリハビリで改善させることができるからです。専門医に診てもらうことが重要です。

Read More...